9月になったね
c0199458_22533656.jpg


シュウメイギクが咲いている。雨や風のせいで花弁が痛む。
ピンクや八重咲きもあったはずがこの数年で姿が見えなくなった
枯れてしまったか、誰かさんが抜いたか。
冬場になると葉っぱは枯れていき、醜い姿になるので 
たぶん誰かさんが抜いたに違いない

夕方から虫の音が日ごとに大きくなる
ほとんどはこうろぎだが、たまに変わった鳴き方をする虫がいる
姿を確認することはむつかしい
PCで音色を確認しようとするが、庭の音色のほうが大きく  
確かめようがないのであきらめた
秋に虫はなくものだと思っているが
そうではない。10月にはもう鳴かなくなっている
鈴虫を飼っていた時8時 9時には鳴かない。
朝方にリーンリーンとなきだす。
家の中でかっていたから 明け方鳴きだすとうるさいと思った


今週末神戸に行く
母の友人に会いたくなって、電話をかけた
数回時間をずらしてかけたが、呼び出し音だけがむなしくなり続ける

もう90歳は何年か前に過ぎている
心配になる。 母の友人たちに電話するとなんか 心が落ち着く
一人づつ 天国に行ってしまって  どんどん寂しくなる

東京に住んでいる息子さんを捜して電話する
今年1月に軽い脳梗塞になり入院
その後退院しても一人にしておくのは不安になり関東に。

世田谷の息子さんの近くと思いきや
河口湖だという。
別荘が山中湖にあるので 空気のいい場所がよいと思い 河口湖にしたそうな。

携帯番号を聞きすぐに電話
いつもの声に私の心は子供に帰る
元気にしてる。 空気もすんでいるし気持ちのいい場所
そんな風に最初は話していた

「ほんでもね。息子たちは来てくれても、あとは誰も来てくれへん」
 そう 神戸にいるときは 若い人に編み物を教え、 
教会の人たちも頻繁に来てくれる
そんな環境だった

「みんなに会いたいわあ。 電話はくれるけど顔が見たい。  さみし~~」
胸が熱くなった。 すぐにでも行ってハグしたい
そうもできない自分が、ここにいる。


つくばにいる友人が1年前に一人になった
子供たちは東京に住み 忙しそうに働いている
心配して子供たちが 呼び寄せようと考えている
同居は無理だから 近くに家を捜しているそうだ

友人は「別につくばは縁もゆかりもないから。」という
しかし彼女はそこで料理教室をし 
自治会に頼まれて男の料理教室を 公民館で開いてる

何が正解かわからないけれど。
今までは 親の心配をしていたが そろそろ自分たちの番がくる

なるようになる方式の私
自分の心配せずに、周りの心配している。

締めの写真は「とらのお(虎ノ尾)」
どうしてこんな名前が付いたのか

c0199458_22544851.jpg



[PR]
9月になったね
c0199458_22533656.jpg


シュウメイギクが咲いている。雨や風のせいで花弁が痛む。
ピンクや八重咲きもあったはずがこの数年で姿が見えなくなった
枯れてしまったか、誰かさんが抜いたか。
冬場になると葉っぱは枯れていき、醜い姿になるので 
たぶん誰かさんが抜いたに違いない

夕方から虫の音が日ごとに大きくなる
ほとんどはこうろぎだが、たまに変わった鳴き方をする虫がいる
姿を確認することはむつかしい
PCで音色を確認しようとするが、庭の音色のほうが大きく  
確かめようがないのであきらめた
秋に虫はなくものだと思っているが
そうではない。10月にはもう鳴かなくなっている
鈴虫を飼っていた時8時 9時には鳴かない。
朝方にリーンリーンとなきだす。
家の中でかっていたから 明け方鳴きだすとうるさいと思った


今週末神戸に行く
母の友人に会いたくなって、電話をかけた
数回時間をずらしてかけたが、呼び出し音だけがむなしくなり続ける

もう90歳は何年か前に過ぎている
心配になる。 母の友人たちに電話するとなんか 心が落ち着く
一人づつ 天国に行ってしまって  どんどん寂しくなる

東京に住んでいる息子さんを捜して電話する
今年1月に軽い脳梗塞になり入院
その後退院しても一人にしておくのは不安になり関東に。

世田谷の息子さんの近くと思いきや
河口湖だという。
別荘が山中湖にあるので 空気のいい場所がよいと思い 河口湖にしたそうな。

携帯番号を聞きすぐに電話
いつもの声に私の心は子供に帰る
元気にしてる。 空気もすんでいるし気持ちのいい場所
そんな風に最初は話していた

「ほんでもね。息子たちは来てくれても、あとは誰も来てくれへん」
 そう 神戸にいるときは 若い人に編み物を教え、 
教会の人たちも頻繁に来てくれる
そんな環境だった

「みんなに会いたいわあ。 電話はくれるけど顔が見たい。  さみし~~」
胸が熱くなった。 すぐにでも行ってハグしたい
そうもできない自分が、ここにいる。


つくばにいる友人が1年前に一人になった
子供たちは東京に住み 忙しそうに働いている
心配して子供たちが 呼び寄せようと考えている
同居は無理だから 近くに家を捜しているそうだ

友人は「別につくばは縁もゆかりもないから。」という
しかし彼女はそこで料理教室をし 
自治会に頼まれて男の料理教室を 公民館で開いてる

何が正解かわからないけれど。
今までは 親の心配をしていたが そろそろ自分たちの番がくる

なるようになる方式の私
自分の心配せずに、周りの心配している。

締めの写真は「とらのお(虎ノ尾)」
どうしてこんな名前が付いたのか

c0199458_22544851.jpg



[PR]

目が悪いc0199458_1931465.jpg

視力が弱い

小さいときから。。。。。。。。。。

17歳の時、コンタクトレンズがあると聞き、初めてメガネをはずした

しかし、年を取るにつれ老眼鏡がいるようになると、コンタクトして老眼鏡をかける

これはメガネでいたほうが楽だと分かり、水泳以外はメガネにした

今のめがねのレンズがキズがいっぱいでメガネを新調したくなった


おなじみの眼鏡屋さんが、店じまいをしたのでどこに行こうか迷っていた


デパートに出かけた折、ふと 何の気なしに メガネ売り場で足が止まった

「今 ポイントサービス週間です」という言葉 
「外商回しですとお値引も・・・・」 と言う言葉につられ・・・・・・・・

外商に用事がありそこから出てきたら、メガネ売り場だったんです。
外商に用事と言っても、 駐車場の無料券もらいに行ったんですが!


ともかく、あっちのめがね こっちのめがねと掛けてみる

似合うメガネを探しますが、 メガネをはずすとはっきりと顔が見えない
これが一番の悩み

何しろ極度の近視ですから。

あまり変わり映えのしないメガネに決めました

あとから考えたら、フレームは壊れてないので、レンズだけにすればよかった
それだと、メガネを預けることになるので、無理だけどね


フレームが決まったら次は苦手な視力検査

機械に眼をあてて、「上から読んでください」

今のめがねと同じ度数です。

左は1.0くらい見えます 右が全く読めない 0.4ほどでも危なっかしい

利き目は左なので、両方合わせると、問題なく字は読めますが!

手と一緒で利き目と言うのがあるそうで、利き手がと同じでない人もいるそうで
私は利き手が右で 利き目が左だそうです



右目の度数をあげますが、一向に文字が読めません
あまり度数を上げるとくらくらします

何度となく文字を見たり、赤と青の絵を見てどちらがはっきり見えますか
そんなことを繰り返していると
右目がストライキ起こして読もうとしません

自分の目なのに。。。。。
いうこと聞かないんです


あぁ~~~~~まいりました~~~~~~~~


私の右眼は、問題児です
左眼さんがいい子なので、何とか見えているようです

家に戻り、ウインクしながらカレンダー見たり、本を読んだり カメラで確認してどれくらい見えるか試しました
c0199458_1944771.jpg

結構見えているんです。

でも撮った写真を見るとやっぱりピンと甘いかも
これは技術不足か目のせいか

メガネは右目を2段階きつくして、左を1段階弱くして 左目の負担を軽くすることにしました
代わり映えしないフレームですが。


掲載した写真は 今年一番に咲いたシュウメイ菊。 
今月の花のケイトウ。 庭に出して雨のシャワーを浴びせました
[PR]
外は暴風雨の大あらし

嵐が来る前に庭に咲いていた ヒヤシンス を切って花瓶に挿す。

街で売っているように、花がびっしりでないヒヤシンス。c0199458_1732521.jpg

これは 数年前に久しぶりに
小学校でするように、水栽培をした。

学校でならった事を思い出しながら
水栽培用のガラス容器に球根を置いて。暗い所に置く。

水枯れがないように、たびたびチェック。

白い根が少しずつ伸びてゆく。
学校でした時にはこんなに一生懸命ではなかった

容器の下の方まで行くころには
明るい場所に、ガラス容器を写す

なんかわくわくして、つぼみがつくのをみんなで楽しみにしていた

桜がちらほら咲くころ
そのヒヤシンスは 花茎をのばして花を咲かせた





ところが、 娘がこれに反応

このいい香りが、たまらなく不快だという。

仕方がないので、そっと外に置いた。  花が終わり球根になったものを、庭に移した。

それから2株だったヒヤシンスが 
小さな株をたくさんいに増やして、
今年も歯抜けのように けなげに咲いた。

あめが当たると傷つきやすい花なので、切って花瓶に挿す。


香りは以前より柔らかくなって、娘もこれならいいといいます

春の香りがほのかにして、 鏡の前は華やかになりました
[PR]
ラジオからは渋滞情報が流れます

我が家の周りは、動物園・水族館・あさりとり・鎌倉・湘南があります

本当に遠くから、長い時間をかけて皆さんが集まっています

一歩車で出たら大変なことになるので、毎年この時は家にいるのが一番と決めてます

やる事はいっぱい。 

庭仕事が山づみです

シンボルツリーの花水木

c0199458_2318593.jpg


この家に来てからずーっといる木です。3度の移植にもたえて、30年になります
鉛筆ほどの高さ50㎝の木でした。

クリスマスローズもそろそろ終わりですが、 今年は寒い日があったので、まだまだ元気です

c0199458_23224769.jpg


クレマチスがこの暖かさで花を開き始めました

c0199458_23242630.jpg


タイムやパンジーのピンクは春そのものです

c0199458_232538100.jpg
c0199458_23275995.jpg


明日は朝顔の種まきと、この花を見にお客様。

ケーキは焼けたしコーヒーゼリーも完ぺき

芝生のお庭でティータイムといたします
[PR]
by bonny-garden | 2010-05-02 23:33 | Comments(0)
私の楽しみの一つは、庭にいる事
c0199458_15314547.jpg

結婚した頃は、マンション暮らし。
買ってきた植木は、ことごとく枯れ
植木鉢だけがたまっていく生活

庭仕事が好きだった母が、「アジサイがきれいよ」と言っても
「本当にね」とつれない返事

枯らしながらも、また買ってくる私。

きっと根っこはガーデニングが好きだったのでしょう
NHKの「趣味の園芸」を見るようになって、買ってきた花たちは枯れなくなり。
その上 挿し木までして増えて行きます


庭付きの一軒家に越してからは、鍬を持ち荒れた庭を耕し
最初はトマトやキュウリと野菜作り

そのうち裾野はどんどん広がります

しかし庭が広いと大変だとわかりました
家を建て替える時、私のガーデニング方式が変わりましたc0199458_15403325.jpg

手に負えないほど、花を植えない。
木は最小限に。

なんでもないように思いますが、 この考えに至るまでたくさんの花を育てて
我が庭の様子(風の通り道や日の当たり方)をよくわかったおかげです

歳を重ねて行くと、 庭仕事もきつくなります。
ターシャのようにはいきません

夏に弱い私は、いま庭の手入れをしないと、荒れた庭になります

このところ雨が続き、庭仕事ができませんでした
やっと太陽の顔を拝めるようになって、
大好きな庭に出ています

桃の花が咲いてます。
しだれ桃だと知らずに、姑が植えた花木
葉っぱは可愛くなく虫がつきやすいので、夏になると切り倒したくなる木です

しかしこの花を見ると切らなくってよかったと思います

c0199458_15241226.jpg

c0199458_15483323.jpg



チューリップが花芽をつけています

これはいらなくなったパッチワークの布を差し上げましたら
「八重咲きのチューリップです」といただいた球根

何色が咲くのでしょう

c0199458_1531164.jpg

[PR]
by bonny-garden | 2010-03-27 15:49 | Comments(1)