タグ:手作り ( 25 ) タグの人気記事

エジンバラと聞いてみんなは何を想像するかしら

★イギリスの北部

そう 港町です ロンドンから飛行機で1時間半
列車で5時間


★ハリーポッタの世界

J・K・ローリングがハリー・ポッターと賢者の石を書き上げたらしい
私は行きませんでしたが、学校のモデルになったお城や筆者が通ったコーヒーショップがあります



★スコッチウィスキーのスコットランド

NHKで以前「マッサン」という朝ドラがありました
ニッカウヰスキーの生みの親という主人公がこのスコットランドで学び
日本初のウィスキーを作りました

下戸の私にとって お試ししたいけれど無理な名産
しかし お水はまろやかでおいしいです

海外では硬水が支流で、軟水に慣れている私にとっていつも水を買ういのに苦労します
日本から持ってきたお茶を入れても、すぐに色が変わってしまう
だから 日本から数本のペットボトルお茶シリーズをトランクに入れる。
硬水の水を飲み続けると お腹が反応してしまう
しかし、エジンバラは軟水がたくさん種類があり、水道水も柔らか。


★世界遺産の街 

c0199458_1244319.jpg

そう、建物が石作で古い。 
旧市街地と新市街地に分かれていますが、新市街地といっても18世紀に建てられた建物ばかり
ホテルもこの新市街地のメインストリートに位置しています
そして、運よく私の部屋からはお城が見えます

c0199458_1245111.jpg


エジンバラという町はいくつもの丘陵地からできており
どこに行っても坂です
坂の先は何だろうと歩くと 下り坂があり その先に上り坂。
山はないのです。 
見晴らしの良い高台に上がるとそれが良く分かります

c0199458_12461917.jpg


いくつもの丘陵地が続き 町の外は牧草地の丘陵地が延々と・・・・
海があれば山がある土地で育った私たちにとって なんだか物足りない感じ
c0199458_12495416.jpg

緑いっぱいの大きい公園が旧市街と新市街を結んでいます
いたるところにベンチが置かれています
歩き疲れるとベンチで腰掛けて 一息つきます



★スコットランドの毛糸

編みもの大好きな私は最初思いつかなかったのが意外
でも そうだと気が付き
行く前に エジンバラにある YARN SHOPを調べた
5件ヒットした
1件は 「夏休みでイタリアへ行きます」と書いてありましたのでそれはあきらめました

郊外に出ると たくさんの種類の羊に出会います
みんな 春先に毛を刈っているのでいるので、軽そうです

c0199458_12511436.jpg


その羊で毛糸が作られて エジンバラの毛糸店に並ぶのかというとそうでもないように思いますが
やはり きっとそうに違いない  なんて思ってしまい期待が膨らみます


一件は訪ねてみると ミシン専門のお店で そのわきにちょこっと毛糸が並んでいますc0199458_13131132.jpg
なんたって 夏ですものね

もう一軒はMc Aree Brothers

輪になった棒針を買いました
日本では種類が少なく 針は買って帰ろうと思っていました

毛糸屋を探す
その周りや行くまでの道すがら あっちに こっちにと
お店に入り洋服見たり、小物を見たり


今はとても便利な道具があります
それが ipad

行きたい場所を検索すると 41番のバスに乗って ●●で下車 歩いて3分
表示されたとおりに行くとその場所にたどり着く

このおかげで 一日バス利用券を買って乗ったり下りたり
2階立てバスの2階の先頭に乗り 町見物も楽しい


そうして 運よくセールのシーズンで 冬の暖かそうなジャンパーやジャケットを
留守番している家人用にGetできた。

可愛い甥や姪のbabyの出産お祝いもGet。


そうこうするうちに一件の小さな毛糸屋を訪れた

c0199458_1323651.jpgc0199458_13233292.jpg

奥には一人女性が

そこに並んでいる毛糸の色が 可愛くって 鮮やかで 
深みのある色も・・・・・


あとで知ったことですが 彼女のオリジナルの色
染めてここに・・・・

c0199458_13271761.jpg



思わず買いました シルクとアルパカとカシミヤを一本の糸にまとめた
肌触りのいい毛糸

なんだかその毛糸を持っているだけで 幸せ気分にしたれます
幸いなことに エジンバラは遠い 
近かったら私のタンスの中は 
彼女の毛糸で埋めつくされるでしょう

Ginger Twist Studio


c0199458_13352370.jpg

[PR]
ミシンの調子が良くない

スイッチ入れると 「カタカタ」と変な起動音がする
そしてメッセージが表示される
「押えを上げてください」

押さえ金はすでに上がっているのに。
何度かスイッチをつけたり消したりすると、直り起動する

何でもかんでもコンピューターが入っているので
便利なようで不便

たまたま、スーパーの前でミシンのキャンペーンをやっていた
相談すると 「修理に伺います。」
「きっと誤作動でしょう 古い型だと修理が効かないので、下取りしますよ」

あ~~~~嫌な感じ。
家に来るのも嫌なので、「お店にもっていきます」というが
店には修理の人がいないから・・・・なんて言う

あぁ~~~~いやなかんじ

しょうがないから 日程を決めてきてもらう

その人がやってきた

ミシンはやっぱり起動しない
「これは、まだ修理の部品があるんで直ります」
と言いながら 新しいものを進める

きっぱりと「これは母からの遺品なので、オーバーホールできるなら」
という

それなのに「いやいや、」と言いながら
おしゃべりは続く あちらこちらを動かす


ミシン詩集機能がついているのに、それを起動させてなかったのが
誤作動の原因らしい
使わないからといって 動かさないと 誤作動が起きるらしい

1時間ほどでミシンは正常に動き出し 油をさして出来上がり



さてここからだ


修理代は  と聞くと 

「何もなおしてないので。どこかを直したら出張費をいただきますが
うちの会社では頂かないことになってます」
と値段表を出す

「お気持ちだけでいいです」ときた

それはないだろう。 それはあんたのポケットマネーになるんだろー

納得いかない

そのうちに 「今の若い人はおきもっちっていくらですかと聞くんですよ」
と言いだしながら 持っている会社の領収書を見せる
修理するとこれくらいかかるんですといいたげに。

そこで他人様の領収書見せる????

ありえないでしょ!あんた! と心の中でつぶやく

ますますお気持ちはなくなる

若い人でもない私ですが
気が付かないふりして
「今日は助かりました」と気持ちを込めて深々と頭を下げる



「おかしかったら私に直接電話してください。すぐきますから
営業所には修理の人がいないので。直接私に」
最後にそう言って名刺を置いて行った

その名刺はすぐにゴミ箱に。


今日は「お気持ち」がなかった私です

二度とあんたに頼むもんか・・・・・・・
と言いたいが 修理が必要になったら


「壊れるなよ ミシン君」

c0199458_12291717.jpg

[PR]
年内に張り替えたかったけれど
とうとう出来なかった障子の張替

雨が吹き込んで、障子紙がまだらのしみになっていたc0199458_21245813.jpg
気になって気になって。

ようやくやる気になった
障子紙をホームセンターに買いに行く

アイロンでできるとあるものは、気に入らないので糊で張るタイプを選ぶ

よく観るとUVカットや長持ちするといううたい文句が多い
それは紙ではなくプラスチックの紙です

プラスチックなのに紙と言えるのか。なんだか矛盾を感じる
やはり昔ながらの紙が良い

古い紙をはがすのに、「紙をはがすのにこれを塗って5分したらきれいにはがれる」
これは良い と思って購入

寒いけれど庭に障子を出して 早速に紙はがし



以前、夏に張り替えをしたら、これは楽だと思った
が、しかし、その冬その障子は 湿度がカラカラになると紙がピーンと張り
反響する。しゃべっていても手をたたいたり笑ったりするとその反響はすごかった
その時学んだ。ふすまや障子の張替は冬が良い

カラカラのお天気が続く今日は きっと最適

簡単にはがれるというキャッチコピーは全くのウソ

最終的にはスポンジで濡らしながらはがした

なんでも「簡単にできます」というのは「結構大変だよ」ということらしい

途中で 専門家に頼むべきだったか! このくそ寒いのに。何度もそう思った

結局5分で終わるはずの剥がし作業は3時間かかった

障子が乾くまではランチタイム

午後からは家の中での作業で、家人が手伝ってくれたので、貼る作業はスムーズに片付いてほっとした

しかし家人が 貼る紙を広げたとき、踏んでしまって、大きなしわができた。
もう私はそうとうくたびれていたので おこる気も失っていた

一日過ぎて朝張り替えた障子を見たら、そのしわが。。。。。。

大きなため息一つ!
[PR]
熱心に編み物をこつこつやってます

ちょっとした空き時間は、座って編み針を持つ
セーターなどの面倒なものは卒業

妹に頼まれた カシミヤの三角ストールが出来上がり
今は姪っ子たちのひざ掛け

c0199458_18212549.jpg


毛糸はNYの毛糸屋さんから取り寄せた
ちょっと太さを間違えた太めの糸です
いつも細い糸ばかり編んでいるので、手がくたびれます

それがちょうどいい。くたびれたら手を止めて違うことをする
編み過ぎて腱鞘炎になった経験が2度ほど・・・・

若い人は、ひざ掛けなんてもしかしたら要らないかもしれないが
おばさんは、そんな事お構いなし。

毛糸は本当に素敵な色で、羊毛の最高級品の糸です
編んでいても肌触りが良く 「高いだけあるわ」と独り言
このひざ掛け毛糸代は と言ったら腰抜かすかも・・・・

編み針が丸ではなく四角なんです
これが編みやすい! しかし日本にはなく  これもお取り寄せ
編み針はボストン 
そしてセールしていたオレンジのカシミヤはネバダ州のレノから届いた
c0199458_1822778.jpg

どちらも一番安い船便なのに10日もかからずに我が家に届く

そのお店がどんなところにあるのか・・・・
知りたくない?
そこで googlemapで検索 ストリートビューで・・・・
c0199458_18223991.jpg



どんな人がこの荷物作ってるれたのかぁ








 
[PR]
4月になったのに雨ばかり続いた
今日は暖かく風は穏やか
(今だけかもしれないが)

雨を横目に 3年前買った毛糸を引っ張り出した

主人とNew Yorkに行ったとき、見つけた毛糸屋。
旅立つ前に、毛糸屋を4っか所ピックアップしていましたが、
初めての場所であったことと、主人が私に見せたいと思っていたところを
回るだけで時間切れ。

唯一 散歩していて見つけたのが 「purl soho」
ピックアップしていた中で もっとも行きたかった毛糸店

しかし運悪くお休みの日でした。
次の日、歩きくたびれてホテルで昼寝中の主人に
「昨日の毛糸屋に行ってくる」と囁いた
「どうやって行くの?」と聞いたので、タクシーでと答えると
すっくと立ち  付いてくると!
「毛糸選びは時間がかかるよ」(好きなところに行くと時間忘れて)
大丈夫!!!とのことなので、通訳に便利なので一緒に行きました 



毛糸の並べ方が素敵でした
色がきれいでとても見やすい
毛糸の種類は少ないかもしれないけれど、十分満足
子供のベスト や 友人にあげるマフラー
そんな毛糸を探しました
それらは、早々と編み上げてそれぞれのところに届けました

残っているのがこの毛糸(値札をみてびっくり 高い毛糸でした) 
c0199458_09414515.jpg
カシミヤのショールを自分用に・
自分のものって一番最後になるんですよね。

やっと順番が回ってきて編み始めました
お店でもらった編み方(英語)をみて・・・・・・
編み始めなので、集中して編んでます
c0199458_09410446.jpg
模様がはっきり分かるころには、テレビを見ながら・音楽聞きながら

いまはメモ見ながら、
誰も声かけないで・・・・・
電話かけてこないで・・・・・・
ピンポン押さないで・・・・・

そんな状態です。
通訳は要らなかった! すきなことに関しては、言葉ができなくっても通じる!

私はそう思っているけれど 本当の事は相手にも聞いてみなとね
きっと 「この東洋人英語もわからんで。」と思っていても
私の英語力の未熟さと洞察力の未熟さで乗越える



[PR]
相変わらず 編み物をしています
毛糸の整理を思い立ち
ブランケットを編み始めて、この冬に4枚仕上げた

残り毛糸と言っても、編み始めると色にこだわる
そうすると、毛糸を注文して編み上げる

4枚とも我が家にはなくみんなお嫁入りしてしまった
5枚目は今度こそ我が家のブランケット

c0199458_20374885.jpgあと少しで出来上がり
編みながら、次に編むものを考える
冷え性の妹に 夏用のマフラー。
   
コットンにするか、シルクにするか???
   
毛糸の玉がコロコロ転がりながら
編みすすむ
    
海外に 「ヤーンカバー」と言うのがあると本で読んだ

ネットでこれを探す


みんな工夫していて、スタバーのカップに毛糸を入れ、ストローのところから毛糸を出す
瓶に入れてふたに穴をあけて 毛糸を出す
かごに入れて上のほうに吊るして毛糸を垂らす

いろんな方法があるのだな と感心する

その中でもこれはおしゃれと思うブログに遭遇
「ちいさなこと」と言うブログ
ラフィアでかごを編んでいる。
可愛い籠が紹介されている
その中に
 可愛いと思いませんかc0199458_20535235.jpg一目ぼれです
どうやら、注文すれば作ってもらえそう・・・・・

まてよ 私にも作れるかしら・・・
  
ネットで検索
編み方はNHKのおしゃれ工房で紹介されていることがわかりました
  
 








古本のネットで昔のテキストを注文
c0199458_20584866.jpg
そして編み始めました。

ひどい出来上がりc0199458_21001092.jpgラフィアはボロボロになるし、ごみはいっぱい落ちるし  
てはがさがさになる
 
何回かしていると上手になるのでしょうか・・・・・
第一回はここで断念

編み物ができなくなるシーズンにまた挑戦してみます



[PR]
私が編み物を始めたのは高校生の頃

学校でビーズを入れた小さながま口つくりがはやったc0199458_10551779.gif
なんでもやってみたくなる年頃

レース糸とかぎ針とビーズをお小遣いで買い編み始めた。
勉強そっちのけで編んでいた

ちょうど高校一年生の夏でした

本が好きになったのもこのころから
夏休みは、ほとんど家にこもって
本を読んでいるか 編み物しているか・・・・

あのころから私は変わってない気がします

今も私の周りのは 本と毛糸があります

最近編み針に変化がありました

今までは竹の2本棒で編んでいました
それが、あみもの好きな若い人から 輪針を教えてもらいました

最初は使い勝手が悪く感じましたが、使い始めるととても便利な点がいっぱい。c0199458_10485361.jpg
輪針とはこんなもの



一番初めは 日本製の先が竹でできたものを使いました
しかしこれは 竹とループのつなぎが悪く、 最終的には竹が折れてしまいました

手芸店に行ってもあまり種類がなく ネット検索しました

そうしたらいろいろあってびっくり

先日編んだブランケットは四角の編み針。
棒針は丸だと思っていたので 最初は違和感が
しかしなれるとスムーズでいい感じ。
斜め編みに増やして行くので、この輪針だと 目数が増えても安心

c0199458_10443312.jpg


今編んでいる黒の極細モヘヤ
一昨年からタンスの肥やしでしたが、今年登場
そして 使い針は。
これまた優れもの
c0199458_10452543.jpg
先がメタルでできていて途中が木そしてループにつながるところがメタル
細い糸なので、欠け目をするときこのメタルの細さがとても便利
竹針で編んでいた時には、針先が編むうちに丸くなり サンドペーパーをかけて編んでいました

単純な編み方なので 簡単と思ったのが間違
間違うとごまかしがきかず、 難航しています

c0199458_10461674.jpg

編み針一つにしても どんどん進化しています

ここで紹介するは、今はどこにも売っていない象牙のかぎ針

母が使っていたものです
大切にしたい逸品です
c0199458_112355.jpg


カーデガンとかセーターとかいうものは卒業して
身の回りの小物を 気長にぼちぼち編んでいきます
[PR]
老後とは

いつごろからさすのでしょう

老後の生活を生き生きと  とか  老後を快適に   とか  老後の楽しみ

仕事をしている人なら、 退職後の話????c0199458_12215269.jpg

介護保険料を払う65歳以上????

親世代を見ていると、 これが老後だろうと思っていたが
いざ自分がその年代に近づくと
老後の生活とはほど遠いきがする・・・・

あさ娘と主人の出勤時間に合わせて朝食を作る
片づけをし、買出しに行き、夕食を用意する
病人がいれば病院通い。

何十年も繰り返される毎日の積み重ね

これから解放されたら 私の老後かな

「老後」という言葉には、のんびりと時間が過ぎていく・・・そんなイメージがある

私はきっと一生そういう時間はこないきがする

少しの空き時間は
好きな読書  ゆっくりと本を読んでいるつもりが、先が気になって一気読み
その間も、 編み物したいなぁ~という欲求がこみ上げてくる

だから編み物をする。 編み物していると眼が庭に移る。

庭が気になる。庭に出て、雑草を取り始めると、咲いた花に目がいく
カメラを持ち出して、構える・・・・

なんと落ち着きのない生活



あぁ~~~わかった。  これが私の老後なんだ
電池の切れるまで、 ねじが切れるまで
ごそごそ気ままに動いてる

でもどこかでスローペースにしよう
早く電池が切れたらもったいない気がします

c0199458_12234361.jpg

[PR]
梅雨の時期にきた台風が去った、c0199458_13173175.jpg
暑い一日にその楽しみの日が来ました

友人の畑に咲くラべンダー摘みです。
3~4年前からお邪魔しては、たくさんのラベンダーをいただいてきます

今年は少し遅めだったので、満開を過ぎていました
しかし、香り袋を作るには十分な穂です

今年は畑を趣味にしている妹同伴でした
600㎡ほどのラベンダー畑です

彼のラベンダーは香りが高く 2年たってもいい香りがします
昨年フランスのプロバンスで買ってきたラベンダーより 数倍いい香りです

趣味で育てているといいますが、なかなかなものです。


はさみでチョキチョキではなく、 カマでざっくり  って感じです。

帰宅途中の車の中は いい香りで スースーします
c0199458_13193840.jpg



ビニール袋に詰めて持って帰り、部屋に新聞紙を敷く摘めて並べます
蒸れると、カビが発生してしまうので、 この乾燥がひと仕事です

c0199458_13184324.jpg

今年は『その日はいけそうもない』という人がいて、
その人のためにもと思い、たくさんいただいてきましたから、
半端ないくらい家中に広げています


地下室にも広げて このブログかいています。

虫も一緒に連れて帰ってきたようで、しばらくすると痒い。

スモークで虫退治をしました。

お日様に充てて乾燥されるとどんな感じかと
庭にブルーシートを広げました

パラパラと雨が急に降ってきたので 大慌て。


ラベンダーは乾燥させて枝と花に分けます

オーガンジー(薄い布の事)に花を入れて 、それからかわいい袋や枕に入れます。

とりあえずは オーガンジーの小袋がたくさんいるのでミシン仕事をします

c0199458_13201145.jpg


それを入れる袋は時間をかけての作業になるので、
友人たちへのプレゼントとなるのは秋になってしまいます

昨年は毛糸で編んだ小袋にしましたが、今年はどうしましょう・・・・
これを考えるのも、楽しい作業
 ビーズいっぱいつけた袋・ 靴下型の小袋・ といろいろ浮かびます

c0199458_13245318.jpg


我が庭でもラベンダー摘みをしたくって、 差し芽をしました。

まだまだ小さな苗なのと、狭い場所に植えているので、大きくなりません

これからも 彼のラベンダー畑を頼りにしています。
[PR]
この暑さなんとかなりませんか!!!!


そんな叫びを上げつつ 私は編み物をしている

昨年は  汗ダラダラと流しながらミシンを踏んでいた

ブラウス作ったり、ショートパンツを作ったり!

なんでこんな暑い時に!!!と自分でも不思議

自分を痛めつけている

いやいや  暑くって庭に出られないし、 お出かけする気にもなれず
家にいるだけだから。


今年は編み物

そのきっかけは Leoさんちのラベンダー

このいい香りを袋詰めにする。

先日行ったパリで 新しい毛糸やを訪ねました

lil weasel

パサージュに中にある小さなお店

前の夜パソコンで調べて地図を頭に叩き込み 張り切って出かけた。

c0199458_10185742.jpg


開店前でしばらくあちらこちらを散策してから、再びお店に

c0199458_10212567.jpg



リバティーの布も置いてありましたが、なんといっても毛糸がお目当て

夏なのでウールが少ないように思った。

でも箱の中にある毛糸は 宝の山って感じ。


肌触りがいい優しい毛糸を発見。

ラベンダーの小袋にしたいと思ったので、50gの毛糸を箱の中から選び出す

c0199458_10242056.jpg



そうしてると、おなが悲鳴を上げた。


お店にはトイレななさそう・・・・

海外で一番困る状況!!!

お会計をして  慌てて店を出て、さっき見かけたカフェに飛び込む

事なきをえて休憩

c0199458_10302669.jpg


買った毛糸をニンマリ眺めながらのお茶は楽しい


緊急事態が発生しなかったら、私はきっともっと毛糸を買っていたでしょう


帰国してその毛糸で編み始めた。

c0199458_10323722.jpg


肌触りがやさしく私の見立てには間違いなかった

        毛糸のラベル

c0199458_1034255.jpg


 

日本では見ない毛糸。

ウルグアイ・ペルーの赤ちゃんの羊の羊毛らしい。

ネットで検索してわかったことです。

この毛糸でカーデガンを編みたくなった

検索  検索  検索


アメリカのアタランタ近くの毛糸屋さんが沢山その種類があることがわかりました。

パリで買った毛糸の中から1種類を決めて、セーターが編めるくらいの糸を注文

10日間ほどで到着。

そして編み始めました

編み物が好きな母が生きていたら、こんな楽しみもあじあわせてあげたでしょうに。

c0199458_10404127.jpg



eat sleep knit


フランスのlil weaselでも、毛糸を送ってくれるようです
[PR]