タグ:フランス ( 2 ) タグの人気記事

我が家の庭には、セミの抜け殻がいっぱいある。

今ないているのは、アブラゼミかな?  「じーじー」とないています。

ふるさとの神戸ではきっと「クマゼミ」が「ジャージャージャー」と大きな声で鳴いていると思います

実家から朝電話が来ると その後ろの蝉の声で、会話がよく聞き取れなかった!!!

冗談抜きで、大げさでもなくうるさいんです



横浜ではアブラゼミのあと ミンミンセミ・ツクツクボウシ・ひぐらしと続きます

鳴き声で季節の移り変わりがわかります。

日本人だったらみんな知っていること。


パリにはセミはいないんです
パリジャンは蝉の声を聞いたことがないんです。

しかし、南フランスの プロバンスにはセミがいます

フランス人がプロバンスに旅行して初めてセミの存在を知ります

この声を聞くと 「南仏だ!  夏のバカンスだ! 太陽だ!」とウキウキするそうです


c0199458_22245751.jpg

街のお土産物屋では、セミのグッズが売られています

大きいものは抱えきれないほど大きい。

一般には15cm位の鮮やかな陶器でできたもの


セミがたくさん鳴くときは豊作になる。



そんな言い伝えがあるらしく、幸運のお守りになっています


幸運を手にしたいけれど、 飾るところに困りそうだし
重そうだし 壊れると不吉だし

そんでもって買わずに帰ってきました


買ってくればよかった これも残念なことの一つ

c0199458_22293117.jpg



どんな姿か!これが小さいセミで 体調3cm位。 

c0199458_22334180.jpg

小さいので鳴き声を頼りに探しますが、
なかなか・・・


一度見つけると見つけるの上手になりました

なきこえは

いま好評(?)の「あまちゃん」の驚いたときに使う言葉


「じぇじぇじぇ~」です

なんとかこのブログに声をと思いましたが、諦めました>


フランス人に 日本のセミの種類や鳴き声を教えました

「ツクツクーシー・ツクツクーシー ツクツクーシー ホーシ  ホーシ ジ~~~~]


ぃ~~~~ん ぃ~~ん ぃ~~ん ~~ん」


キョトンとして聞くフランス人

わかってもらえるなんて 無理な話でした。

セミ知らない人種ですから!


プロバンスゼミは「ジェジェジェゼミ」と命名しました
[PR]
今年は暑い夏に、南フランスの「エクス=アン=プロヴァンス」を訪ねました

羽田深夜発 パリ経由でマルセイユ空港 そしてエクス=アン=プロヴァンスに到着

家を出てからホテルまで約1日。

そこには、やっぱりギラギラした太陽が待っていました

しかし、湿度がないので、同じ温度でも涼しく感じます。

でも、スッキリ晴れ渡っているので、眩しい>


まずは骨董市に出かけました

それは「リル・シュル・ラ・ソルグ」という名前の街で、エクス=アン=プロヴァンスから車で高速道路を1時間半走ります。

c0199458_22254935.jpg



中には、こんなものどうするの?という 絵の具とか触ると今にもバラバラになりそうな本

有名な画家の絵の具なのかな。 本は300年も前の本????

そんなわけ無いでしょ!!!!

いろいろ見ながら、一人で突っ込む。

目が留まるのは ガラス

c0199458_22475186.jpg


後日パリでガラスのアンティークショップを尋ねるつもりなので見るだけ

(そう思ったのが、後悔。  パリではアンティークショップ行けなかった!!!!)


c0199458_22575774.jpg c0199458_22595899.jpg
























アンティーク市と日本で言うと、なんだか暗い感じがするが、
ここのマーケットは明るい。 


場所を少し移動すると、野菜マーケット。

c0199458_2343723.jpg


スリに遭わないように、しっかりカバンを抱へ
チーズにハム オリーブ   いろいろ試食。

地元で採れたさくらんぼとメロン、 燻製のパムを買いました

それぞれの日曜日を楽しむ風景は 心和む風景です

c0199458_2371029.jpg
  

c0199458_2374253.jpg

[PR]