7月初旬 暑い日が続き汗を流してフゥーフゥー言っていた
大きなスーツケースに洋服を詰めて 飛行機に乗った
着いた場所は イギリスの北部。 スコットランドのエジンバラ。
気温は 30℃から18℃ 

c0199458_21364812.jpg


最初はロンドンから東にある コッツウェルズ地方に昔から行きたかったので
それを実現しようと思った。
イギリスの本を読みふけっていると ふと「エジンバラ」という地名に目が留まった
何の知識もなく 行先は「エジンバラとコッツエルズ」と決定。
(私が海外旅行を思いつくのは ふと目にした地名で決まる)

「スコットランドに行くの」と言うと
「編み物好きだから 毛糸ね」と言われて
あぁ~~~~~~毛糸だ!!!って気が付いた




さて、  旅行で楽しみの一つは食
イギリスだから・・・期待してない!
25~6年前ロンドンに行ったが おいしい思い出はない
イギリス人の舌は壊れてる と定評(?)

旅行先で食事処を探すのは みんなどうしてるのかな?
ネットで調べる?
旅行雑誌を参考に?
もちろん私も一応は調べるけれど
ほとんど現地に行ってから。

いい感じっていうのは なんとなく解るもんだ。
中を覗き込み、開店時間のチェック
20時ころ混んでいる店は あたり!

店に入り 雰囲気見て 空いている?って聞いたら
予約で!と断られたら まず大当たり
明日は?と聞いて次の日の予約が取れればラッキー
ダメと言われれば では、開店時間ショッパナ
17時半とか18時。たいていは席を用意してくれる


食事スタートが遅い海外の人。
それに夏だと10時ころまで太陽は沈まない。
今回もこうして イギリスなのにおいしいものを食べれた。
昔 フランスでレストランを本で調べて行ったらまずかった
それは、料理選択を間違った

人気があっても何を注文するかで大きく違ってくる
これが第2の関門。c0199458_21462055.jpg
日本は良い。絵や写真があるからね
時間かけて 焦らず メニュを見る

私は今日のおすすめのところを念入りに

おすすめは 別メニューの紙があるか 
黒板に書いてある
たまたま私が行った店では私の前にその黒板があった

(写真のレストランの話)
読みにくい字で! 
安いのは サラダかスープか前菜
高いのはメインと決まってる  当たり前だ

次々くる客にも「今日のおすすめは」と黒板を店員が指さす
すると ほとんどの人が 携帯で写真写してから席に着く

なるほど~~~~~~と感心


おばあちゃんばっかりのグルーフは 何度も私の前にみんなで立って
大はしゃぎしながら・・、
決まったら 席に戻るけれど また店員の人とやってきて!!!
その様子がかわいい。 
そして私に挨拶して手を振る。
デザートになったら また私の前に立つ
でも腹が立たない  
人のかもしだす雰囲気で腹立ったりいい気分になったり
私のオ~ラはどっちだろう?



ホテルでの朝食で感心したのは コッツウェルズにあるホテル
小さなホテルで家族経営。

c0199458_21301427.jpg


パンやフルーツ ヨーグルトハムにチーズが置いてあるコーナがあり
どのホテルでも同じと思っていたら、テーブルにメニューがあります

c0199458_21523681.jpg


おじさんがやって来て「どれにする?」と聞きます
わぉ!朝食からメニューで注文か!
初日はゆで卵とサラダを注文



隣のテーブルでマダムが一人朝食中 
なんだかとても可愛い素敵なものが運ばれてきた
それはメニューのどれですかと尋ねると
「スクランブルエッグ」と・・・・「明日はそれ注文します」と答えて



約束通り“Scrambled Ege & Smoked Salmon on a toasted Muffin”
そしてやってきたのが!!!!!

c0199458_21315452.jpg




スクランブルエッグを教えてくれたマダムは、オーストラリヤから独りできた
ロンドン勤務になった息子が今日コッツエルズを案内してくれるのだと嬉しそうに話してくれた
[PR]
# by bonny-garden | 2016-07-29 21:54 | 旅行 | Comments(0)